99と00初頭の間で

アイドル、TRPG、ガンダムクロスウォー、特撮など、140文字で表現出来ない事を書こうと思います。

たんとくおーれ おくとーばーふぇすと(日本語版)を買う

海外版を個人輸入し、家に届いた2週間後ぐらいに日本語版が発売決定した(私信)「たんとくおーれ おくとーばーふぇすと」が発売されました。

 

f:id:kkkara00atama:20170213203536j:plain

 

海外版が下です。

箱を並べると日本語版はかなり色味が薄いですね。

 

f:id:kkkara00atama:20170213203555j:plain

 

箱側面。

日本語版には「プロモカード6枚入り!」と書いてあります。

 

開封してみましょう。

 

f:id:kkkara00atama:20170213203622j:plain

 

海外版との比較。

日本語版は全体的に柄が上に寄っています。

カードの匂いも昔出てたVSシステム(アメコミの方)みたいな匂いがしますね。

 

f:id:kkkara00atama:20170213203637j:plain

 

重ねてみると日本語版の方が1ミリ程縦に大きいですね。

他にもカードにインクの汚れがついていたり、正直印刷の質は低く感じました。

出していただけるだけでありがたいのですが。

 

f:id:kkkara00atama:20170213204600j:plain

 

同梱のプロモカード6枚。

一番下のカードだけ新規カード(専属メイド)で、それ以外はフレームレスカードになっています。

 

f:id:kkkara00atama:20170213204505j:plain

 

カードの仕切り。

海外版はビールカードは一枚にまとめられてましたが、日本語版はそれぞれのカード毎に分かれています。

この仕様は仕切りという意味ではいいのですが、ゲームをする時にいちいち出すのがめんどくさいとも思います。

 

((ビール

 

一番の差なのですが、海外版と日本語版のビールカードはフレームの色が違います。

個人的には海外版の方がビールっぽい色で好きですね。

 

という事で簡単な比較でした。

今回の日本語版、品質的な事など言いたいことはあるのですが、完全日本語で遊べたり、プロモカードが最初から入っていたりして嬉しい所も多く、そもそもたんとくおーれの新作が今になって遊べる時点で嬉し過ぎて悶死しそうなので文句は無いです。

 

昔遊んでいた方、ドミニオンみたいなゲームがやりたい方は是非どうぞ。