読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

99と00初頭の間で

アイドル、COJ、ガンダムクロスウォー、特撮など、140文字で表現出来ない事を書こうと思います。

ヒーロークロスラインがマンガ図書館Zで配信されていたので読む

ヒーロークロスラインという企画がありました。

 

ヒーロークロスライン - Wikipedia

 

日本の漫画でアメコミのユニバースを作るみたいな企画だと思いますが、思ったより盛り上がらないけど調べたらまだ続いてるみたいな印象があります(公式ブログを見ると16年6月に新作の単行本は出ている模様)

 

ちなみにグーグルでヒーロークロスラインと入力するとサジェストに「ヒーロークロスライン 失敗」と出てきます。酷過ぎる…

 

最近、よく名前が変わる事でお馴染みのマンガ図書館Zでほぼ全作品が公開されたので時間がある時に読んでいました。

公式ブログから配信作品を引用させていただくと。

『ジエンド』 全4巻 村枝賢一
『クランド』 全2巻 松本レオたかしげ宙
『亡装遺体ネクロマン』 全2巻 松本久志
プリマス~A PLOT OF NIGHTMARE~』 全2巻 岡崎つぐお
『ギャラクティックマンション』 全2巻 なかにしえいじ
『ALCBANE』 全3巻 衣谷遊たかしげ宙福地仁
『レイズマン・ゼロ』 全3巻 出月こーじ
『MEAN 遥かなる歌』 全3巻 栗原一実長谷川裕一、矢野マサキ
『童子装甲BEE』 全2巻 おとといきたろう
『青の橘花』 全2巻 高田慎一郎
『ウサ探』 全4巻 御童カズヒコ
『セイル』 全2巻 有里 紅良、夢来鳥 ねむ、 結城信輝
『火星のココロ ~Beautiful Little Garden~ 』 全3巻 馬場民雄
プリマスⅡ』 全1巻 岡崎つぐお
『ひろよん』 全1巻 椎名かつゆき
『童子装甲BEE 続編プロローグ』 全1巻 岡崎つぐお
『銀河ロイドコスモX』 全1巻 細雪純関智一
『シンソウガクシャ』 全2巻 広石匡司
『BOOTSの山田さん』 全1巻 山下てつお
『家族戦隊ノック5』 全2巻 能田達規
『DARK QUEEN 』 全2巻 松原あきら
『VOID』 全1巻 GYUO、七月鏡一福地仁
『漢たちの野望』 全1巻 Dr.モロー
『Z-END ~The last hero comes alive~』 全2巻 村枝賢一
『PRE=CROSS』 全1巻 岡崎つぐおたかしげ宙
『火星のココロ ~Hero come to Mars.~』 全2巻 馬場民雄

 

ここに随分前から配信されていた「スタジオ秘密基地劇場」全2巻が加わります。

暇つぶしにはピッタリなラインナップですね。

 

個人的にオススメな作品をいくつか紹介します。

 

ジエンド(全4巻)

ヒーロークロスラインといえばこの作品ではないでしょうか。

とりあえずここから読み始めるのがいいと思います。

他のヒーローも大量に出て来るので、この作品をとっかかりにして別のヒーローに広げて行く感じですね。

続編のZ-END ~The last hero comes alive~も2巻ありますが、こちらはかなり唐突なストーリーですね。

 

 

ALCBANE(全3巻)

ヒーロークロスラインの時間軸上、ストーリーに絡む上で一番最初に誕生したヒーローなので、やたらめったら他の作品に出てきます。

序盤に読んでおきたい作品です。

 

 

亡装遺体ネクロマン(全2巻)

なんというかこう、オタクっぽいな!といった感じの作品です。

特オタなら好きそうというか、そういう感じの作品です。

 

 

火星のココロ ~Beautiful Little Ga…(全3巻)

個人的に一番オススメしたいのはこれです。

年表の一番最後の作品というか、他の作品とは50年近く差が開いているのでほとんどコラボはありませんが、良いエピソードがとても多いです。

続編の火星のココロ ~Hero come to Mars.~もありますが、結構無茶なコラボが多いので、他の作品を読んでからの方がいいかもしれません。

 

 

長谷川裕一信者としてはスタジオ秘密基地劇場もオススメしたいのですが、最後のエピソードは劇場版ヒーロークロスラインみたいな作品になっているので一番最後に読んだ方が楽しめます。

 

という事で軽く紹介していきましたが、火星のココロなど相当面白い作品もあるので是非読んでみてはどうでしょうか。

タダですし。