99と00初頭の間で

アイドル、TRPG、ガンダムクロスウォー、特撮など、140文字で表現出来ない事を書こうと思います。

ハルジオンが咲く頃の個人PVは何故素晴らしいのか Type-D編

個人PVは必要なんだという話。

 

ハルジオンが咲く頃の個人PVが好きです。

出来が凄まじいのが多いんですよ。

 

先日書いた欅の個人PV感想のような形でオススメの個人PVを紹介していきます。

 

今回はType-D。

総合的な完成度はこれが一番高いと思っています。

 

川村真洋 『ジャンク随筆』

予告編

www.youtube.com

センスの塊というのはこういう事をいうのでしょう。

曲、小物、映像、文章、デザインどこをとっても素晴らしい。

 

これを色々調べていってリリスクにたどり着いたのもあります。

リリスクといえばRUN and RUNは凄かったですよね。

vimeo.com

ロゴデザイン等、ジャンク随筆に通じるものがありますね。

 

 

堀未央奈 『わたしは不幸を呼ぶ女』

www.youtube.com

見てるだけで頭がおかしくなってきそうな作品です。

そもそもナレーションの声は堀ちゃんじゃねぇ!とか。

 

監督は森翔太さん。見た目が怪しくて逮捕された映像や仕込みiphoneが有名ですね。

www.youtube.com

本編にもちゃっかり登場してます。

 

 

その他の作品

特におすすめなのは上の2作品なのですが、他にも

 

などなど、本当に楽しめる作品が多いのでオススメです。

裸足でSummerも勿論良いCDなのですが、やはり個人PVが無いとあまり見返さないというか、そこだけが残念だったというか…

なので、次作は是非個人PVの復活をしてほしいですね。

 

ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)